フォト
無料ブログはココログ

2022年3月 6日 (日)

時間について

またココログさんのキャンペーンに乗ろうとしている、
お祭り好きのRがやってきました。

時間について、ですが。
これについては、アインシュタイン先生がなんかゆってました。

退屈な講義で椅子に座っていると、時間はゆっくり過ぎるが、
恋人の膝に座っていると、時間は矢のように速く過ぎる

んじゃなかったでしたっけ。

Rにとって、時間感覚で納得した説明は
アインシュタイン先生とは関係ないでしょうけれども、

3歳の子にとって、1年は人生の三分の一だが、
50歳になれば、1年はたった2%に過ぎない

そりゃ、短いよね、とゆう話でした。
年を経るに従って、歳月の過ぎていくスピードが
速くなっていく気がするのは、愉しいから、とゆうよりは
人生に占める1年とゆうものの割合が少なくなっているから。

まあでも、速く過ぎてゆくと感じるからには、
あながち辛いだけの人生ではない、とゆうことなんでしょうか。
Rは呑気に生きているので、辛い思いとゆうのはあまりしたことがなく、
かえって今からの人生の加減で、急に辛いことが降りかかってきたら、
きっと耐えるのに苦労するだろうな、と思うのですが。

その時は、時間の経つのが遅くなると思うので、
アンチエイジングだと思うことにします。
思えるかな。
Rが苦労してるような顔をしたら、
「おっ、アンチエイジング?」
と声をかけてくださいね。
よろしくお願いいたします。

2022年3月 3日 (木)

お酒について(日本酒・2本目の3杯目)

もともと、そんなに日本酒を呑むほうではなかったんです。
Rが日本酒を呑み始めたのは、今の仕事に就く前に
お仕事をいただいていたクライアントさんの中に
日本酒が大好きな集団の人々がおられて。

まあ、ゆってみれば「仕事のお付合い」的動機で
日本酒に触れる機会を得たわけです。

そしたらはまったとゆうことです。そうゆうことです。

そのクライアントさんの新年会とか、そうゆうなにか
イベントごとに参加させていただく機会が結構あったんですが、
会社とは別のところに会場を設けて(要するに宴会場です)、
お料理はそこのお料理を発注するんですが、
ビールとソフトドリンク以外は、持ち込みの一升瓶なんです。

40人くらいの宴会だったら、6~7本。
一升瓶とゆうのは、10合入っています。
なので、全員呑むとしても、2合近いノルマが。
しかも、全員呑めるわけでもないし、
ビールの人も、ソフトドリンクしか飲まない人もいて。

そして、持ち込まれた一升瓶の内容が、分かる人には分かるとゆう
間違いのない美味しいやつばっかりなんです。
そこでずいぶんいろいろ呑ませていただきましたとも。
でも、普通の居酒屋さんにはおいてないものばっかりなんですよね。
だから、覚えても次に呑む機会がないんです。

仕方ないので、どこで買われたのかをお聞きして、
自力で四合瓶を買いに行くとゆう。
仕事に行ってんだか、酒買いに行ってんだか、
とゆうことが何回かありました。

それで、日本にはたくさんの美味しいものがあり、美味しいお酒がある、
とゆうことを学びました。
自国の文化の一端を深く知る機会になった、
とゆうと、聞こえがよすぎますが。
少なくとも、人生の楽しみがひとつ豊かになったとゆうことは、
確実にゆえると思っています。

呑むばかりではなく、業務そのものも楽しかったお仕事ですが、
いろいろあって、戦力外通告とゆうことになり、
失業した途端、今のお仕事からお声掛けいただきました。
年に2回くらいしか呑み会のない職場になりました。
健康的なのか。そうですね。γ値も平常になりました。
日本酒は、Jと愉しく呑んでいるので大丈夫。
うふうふ。

2022年3月 2日 (水)

お酒について(日本酒・2本目の2杯目)

案の定、キャンペーンが終わったら、
情熱も終わっちゃいましたが、
書きたかったことは書いてしまおう、と、

重い腰を上げる。
(体型の話ではないです)

J&R地方ではないところへ伺って、
その地方の所謂「地酒」をいただくことがありますね。
旅館、ホテルでは、地元の食材を使って美味しいお料理を
出していただけることがよくあります。
そんな時、メニューに幾種類かの地元の日本酒があると、
これは試してみたくなるってもんです。
呑みくらべ、とゆうアトラクションがある場合もありますが、
なくても、1合ずつですからね、試してみるのは悪くない。

お布団は目の前(あるいは廊下の先)に敷かれているのですし。

雪深い地方に、雪が深くなる前に行こう、と思い立ち、
行ってみたときのこと。
とはいえすでに雪は積もっていて、道路は大丈夫ですが、
家々の屋根とお庭は雪景色。
道端に雪の積もる道を伝って、お外の露天風呂までお散歩です。
雪見をしながらの貸切露天温泉を堪能して、さてお夕食。
心づくしの、見た目も美味しいお料理が並べられ、
メニューを見れば、地元の酒蔵さんの日本酒がいくつか。

R:「これはどんな感じですか。呑みやすいですか?」
女将さん:「そうですね。今晩のお料理でしたら、こちらが」

示されたお酒と、もう一つは名前が気になったお酒を一合ずつ
お願いして、さて呑ってみると、これが美味しい。

R:「確かにお料理にはこっちが合うけど、もう一方も捨てがたいね」
J:「好みで言ったら、このちょっと香りがあるほうが好きかも」

お料理を邪魔しない清冽なきりっとした味のお酒。
少し独特の香りがする、でも口当たりの良いまろやかなお酒。
どちらも楽しみながら、その日のお夕食に舌鼓を打ち。

翌日。

教えていただいた酒蔵さんへGoです。
コロナ禍中で、見学等は中止されているものの、
狭からぬ売り場には、J&Rの好きな幾つかの冷ケースが並んでいます。

R:「生かぁ。。。でも今日一日、車に乗っけとくのはねぇ」
お店の方:「この気温ですし、トランクなら冷蔵庫と同じですよ」

そうかな。Rもそう思ったけど、どうかな。
でもいいよね。美味しかったし。

結局、前の晩にお宿でいただいて、より気に入ったのと、その他に2本、
購入してうふうふと愛車に積み込みましたとも。
こうゆう出会いがあるから、訊いてみる、呑ってみるのは大事ですよね。

2022年3月 1日 (火)

お酒について(日本酒・2本目の1杯目)

ココログさんのキャンペーン、終わっちゃいましたね。
でももう引っ込みがつかなくなっちゃったので、
このまましばらく続く予定です。

1本目は酒屋さんの話をしたので、
2本目は飲食店さんで呑む話をしたいです。

お家で呑む日本酒は酒屋さんで買ってきますが、
お店で呑む場合も、もちろんありますね。
なるべくいろいろな種類をおいてそうなお店に行きます。

愉しいほうがいいですもんね。

お店のいいところは、一合くらいずつ呑めるので、
いろいろ試せるところです。
美味しいと思ったら、そこで立ち止まってリピートでもいいし、
肴を替えるから、お酒も替えよう、ってこともできる。
お家で4合瓶を開けたら、やっぱりその日はその瓶で終わりますからね。
美味しい肴で、それに合う日本酒がいただけるのは至福です。

お店によっては、何種類かを組み合わせて「呑みくらべ」なんて
やってくれているところもありますね。
何人かであ~でもない、こ~でもないとわいわい言いながら呑むのは
アトラクションです。

日本酒にも、アトラクション要素、ありますね。

2022年2月28日 (月)

お酒について(日本酒・1本目の3杯目)

そんなに美味しいなら、「火入れ」なんてしなきゃいいじゃないか。
そうはいきません。
そんなことをゆっていたら、J&Rは酒蔵さんの隣に住まなきゃならなくなってしまいます。

日本酒は「発酵」させて作るのは、皆さんよくご存じと思いますが、
「発酵」とゆうのは「変化」の一種ですから、
「変化」するものの管理って、ほら、難しいじゃないですか。
瓶詰した後で「変化」されたら、最初の狙いとは違う商品になって
お店に出たときに、いろんな味になってしまう可能性が。

それはそれで面白そうですが。

Rは面白くても、大抵のお客さんはそれでは困るでしょうから。
お客さんが困ると、作る人はもっと困るでしょうから。

日本酒の一番「呑んでもらいたい」状態のときに、
「はい、この状態で『できあがり』」
とゆうのを決めるのが「火入れ」だと、Rは理解しています。

「火入れ」は貯蔵の前と後、2回するそうです。
※貯蔵:日本酒を寝かせて、より美味しくなってもらうための時間
この「火入れ」の工程を施す技術がすぐれているので、
J&Rはお家に居ながらにして、
北はむにゃむにゃから、南はありょありょまで

どこの地方の日本酒でも、美味しくいただけるわけです。

ありがたいことです。

といいながら、真っ先に冷蔵ケースを覗き込むJ&R。
いやいや、常温の日本酒の棚もじっくりと拝見しております。
もちろんでございます。

2022年2月27日 (日)

お酒について(日本酒・1本目の2杯目)

日本酒を買いに行くと、まず覗くのは冷蔵ケースです。
日本酒は「火入れ」とゆって、加熱してから販売するのですが、
特別に加熱せずに「生」の状態で販売するものがあって。
冷蔵ケースに入っているのです。

「生」の日本酒は、なんとゆっても「生」ものなので、
作ってすぐ売ってますから、買ってすぐ呑むべきものです。

今夜呑む日本酒の筆頭候補になるべきものなので、
とりあえず、なんかよさげな、美味さげなものはないか、と
覗いてみるわけです。

「生」の良さは、華やかな香りや、フレッシュな味わいにある、と
モノの本には書いてあります。
J&Rの感覚では、コメフレッシュジュース、とゆったところでしょうか。
呑みやすいものが多い気がします。
鍋とかより、刺身とか、生牡蠣とか、やはりナマモノの方が
相性がいいような気がします。

……。
まあ、酒屋さんがJ&Rの話を聞いて、
そうゆうのを選んでくれている節もありますが。

でも、そうゆうわけで、とりあえず冷蔵ケースを覗きます。
「生」はいろんな意味でレアなので、そこそこのお値段が
ついているものもあり、J&R&お財布で三者会談をしたのち、
酒屋さんもお招きしてG4会議が開かれます。

買って帰ると、すぐ冷蔵庫に入れられます。
うっかりしていて、冷蔵庫のスペースがなかったりすると、
出されるのは、入れられていたほかの何かです。
そして、当日、あるいは遅くとも近日中には、
適切な肴を用意して、うふうふと栓を開けるわけです。

栓は「抜く」んですけどね。
最近はスクリューキャップなので。。。

でも、たいていの日本酒は冷蔵ケースではなく、
普通の棚に置いてありますよね。
あれだって美味しいんですよ。
そのお話もしなくちゃ。

2022年2月26日 (土)

お酒について(日本酒・1本目の1杯目)

Rの日本酒の知識(とゆうほどでもないですが)は、
前職に就いていたころ、周りの大人の人々が、
よってたかって教えてくれたものに端を発し、
それ以来、あちこちでいろんな発注を繰り返し、
「おおっ💓」ってなったり、
「あれっ💦」ってなったりしながら得たものです。

知識とゆうほどのものは何もなく、
知っている言葉は「吟醸」「本醸造」「純米」。
あとは「山田錦」「五百万石」「雄町」。
「生」とか「冷やおろし」とかも聞きますね。

でも結局、酒屋さんに行って「これってどんなですか?」
って訊くのが、一番手っ取り早いのです。
だって餅は餅屋、酒は酒屋です。

向こうさんも「どんなのが呑みたいか」とか、
「前にどんなのが美味しかったか」とか、
訊いてくれたりします。
そして、おススメを呑んでいるうちに、
この酒屋さんとウマが合うのかどうなのか、
どう訊けば今呑みたいのが出てくるのか、
だんだん分かるようになるじゃないですか。

そうゆう酒屋さんが2~3軒ある人生が、
今夢見ている人生です。
そうゆう酒屋さんが、R地方にもう2~3軒できますように。

2022年2月25日 (金)

お酒について(ワイン・3杯目)

J&R地方では、ワインを買うときは「詰合せ」です。
世の中には愉しい詰合せがたくさんありますが、
ワインの詰合せもそのひとつと思います。

泡しばりの詰合せ。
白ワイン限定の詰合せ。
赤白泡混合、まさに詰合せ。

8~12本程度の詰合せです。
配達してくれるので、大変に助かります。
詳細な説明書が入っているので、
それを読んでみるのもまた愉しい時間です。
とはゆえ、別に何も学ぶわけではないのですが。
一向に詳しくならない、不思議なJ&Rです。

国と地方名くらいは、「あっ、それ聞いたことある」
くらいのレベルにはなっていますが。
その地方について語れることは何もありません。

でもねぇ、美味しいとかなんとかは、結構ゆうんですよ。
「このラベル、前見たことある」
「美味しかったよね」
「これ、見覚えがある」
「木の香りとか、したかも」
「ほんとだ、樽の匂いがする」
国でも、地方でもなく、ラベル。
特徴のあるラベルで覚えていることが多いです。
詰合せされる銘柄、とゆうのは被ることが多いらしく。
同じものに数回お目にかかっているのです。

詰合せのいいところは、偶然に頼っているので、
気に入ってもまた来るとは限らない代わりに、
新たな美味しい銘柄に巡り合う可能性に恵まれているところです。
詰合せは信頼が大事で、リピーターは選者の好みを信じて
発注するので、チョイスによってはもう発注しないかも知れません。
だから、安いだけじゃない、説得力のあるセットを作って

いるに違いないと信じて、発注しています。

ですから、販売店の皆さま、J&Rの幸せのために、
お手頃価格で十分楽しめる詰合せを、
ぜひともよろしくお願いいたします。

2022年2月24日 (木)

お酒について(ワイン・2杯目)

フレンチ、イタリアンのお店に限らず、
ワインを選択する場合があります。
ひつじ屋さんで、ひつじを食べるとき。

片っぽのお店は この記事 で紹介したお店で、
肉ばっか食べながら、2人でワインを1本。

もう片っぽのお店は、以前はワインが呑み放題でした。
今やこんな時なので、無理になってしまいましたが。。。
あれはアトラクションのように愉しかった。
赤でも白でもいいんです。
その時のお皿の上に載ってるものと、その時の気分で。

ちっちゃな樽を模したサーバーから好きなだけ汲んできます。
呑み過ぎに注意、そしてどんどん水を飲む。
結果、しょっちゅう中座することになりますが、
別に構いません、どんどん飲んで、どんどん中座。

このお店の看板メニューの、2種類の味のひつじ、
パテ・カンパーニュもお気に入りです。
デュカとゆうサラダもこのお店に教わりました。
ひつじのたたきもおススメです。

ワインですが、今は呑み放題ではないので、
おススメのグラスワインを発注します。
そして気付きました。
数種類のグラスワインを発注するのも、また愉しい。
まあお金はかかるけれど、それだけのことはあります。
おススメだけあって、美味しいものが多いし、
自分に合わないと思ったら、次は違うものを頼めばいい。

そうゆえば、ワインは味や香りを四の五のゆうことが多い気がします。
わかったようなことをゆっていますが、
「これ、美味しいね」とゆったワインが、お手頃価格であることが多いです。
映す価値なし、とゆわれてしまいそうですが、
身の丈に合ったものが、口にも合うなんて幸せな味覚だと思っています。

この2つのお店以外でも、J&Rのことを分かってくれるお店では、
その辺りの事情も分かってくれて、お手頃価格の美味しいものを
さりげなくおススメしてくれます。
ワインは四の五のゆうのも愉しい。
ワインそれ自体が、アトラクション要素を多分に含んでいると申せましょう。

2022年2月23日 (水)

お酒について(ワイン・1杯目)

飛行機の話が出たので、ワインにシフトしましょう。

しばらく飛行機に乗っていません。
寂しい限り。
また気兼ねなく飛行機に乗れるようになってほしい。
そして、どこかへ。どこへ。どこどこ。

飛行機とゆえば、そこで提供されるいわゆる「機内食」。
各航空会社さんたちは、快適な空の旅を満喫してほしいと
きっと思っているはず。

「機内食」とゆえば、「ビーフオアチキン」とゆう決め台詞。
運が悪いと「ソーリー、ウイハブオンリーなんやかんや」と
ゆわれ、あまっているものを
あてがわれます。
運よく決め台詞を聞けたら、自分の気分に合ったものを選んで
お食事が始まるわけです。

そして、それと前後して呑み物満載の入れ物を押してきた人が
「何呑む?」と親切に訊いてくれます。いい人たちだ。

やっと本題に。

たいてい旅の最初の一杯は、泡の出るワインです。
シャンパンだったり、カバだったり(動物じゃないですよ)

スプマンテだったり、路線によってはヴィーニョヴェルデがあったり。

泡のワインは、気分を盛り上げてくれますよね。
たとえそれを呑むのが紙コップであっても。
昔は機内でも、ちっさいグラスが出たものですが、
いろいろあって、ガラスや金属のカトラリは危ない、って
ことになったみたいですね。しょうがないことです。
Jと泡のワインで乾杯して、うきうきした旅が始まります。

残りの時間は、食事や気分でワインを呑んだり、
ビールを呑んだり、ジュースを飲んだり、水を飲んだり。
ギャレーと座席を行ったり来たり。
なんとか症候群を予防してるんだか、促進してるんだか。

機内では、あまりどうにもならないワインに出会ったことがないです。
むしろ呑みやすかったり、結構美味しかったり。
長旅ですからね。
美味しいほうがありがたいに決まっています。
そして、ワインを呑んだくれているうちに、
目的地が近づいてきて、うきうきと窓の外に目をやって、
その国の国土を見ようと目を凝らすのです。

路線によっては、その国のワインが供されることもあります。
フランスとか、イタリアとか。
ワインを呑み、機内食をいただきながら、向かう国に思いを馳せる。
長い飛行機での移動時間ですが、愉しい時間です。

«お酒について(ビール・3杯目)