フォト
無料ブログはココログ

« かきくけこ | トップページ | さしす? »

2018年12月22日 (土)

生誕後、かなりの時が経過してしまったので、
あまり量を食べることができなくなったJ&Rですが。

見つけてしまった興味深い料理。
羊のあばらが数本つながったまま焼かれ、
テーブルが切り分けて「はい、どうぞ」と供される。

「食べたい!」

正直ゆって、「食べたい」より「観たい」だったのですが、
レストランのメニューなので、観れば食べねばならず。
ぢゃあ食べに行こう、仕方ない仕方ない♪

行きましたとも。

なになに語で肉屋、という名のレストランです。
カウンターの席で、目の前は厨房。
がんがん火が焚かれ、うし、ぶた、とり、ひつじが
本人たちの意向とはズレるでしょうけれども、
いい感じで温まらされています。

いろいろ観たのですが、
初心に忠実に、あばらと。
ひつじのたたき、とゆうものがあったのでそれと。
あとは、肉がいろいろな状態になって
盛り合されているプレートと。

どれも美味しい。
あばら肉は、燻製した塩の結晶をつけながらいただきます。
その美味しさは、骨をしゃぶる勢い。
たたきも、あぶらの甘さや肉質を感じられる、
上品な味わい。
プレートもーの上の肉たちも、
それぞれに工夫がこらされていて。
腹いっぱいでございます。

街はおりしもクリスマスムード一色。
腹ごなしに、街のクリスマスイルミネーションを
楽しみながら、1時間ほどそぞろ歩きました。
愉しかった♪
またいこうね。

« かきくけこ | トップページ | さしす? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: :

« かきくけこ | トップページ | さしす? »