フォト
無料ブログはココログ

« お酒について(イントロダクション) | トップページ | お酒について(ビール・2杯目) »

2022年2月20日 (日)

お酒について(ビール・1杯目)

お家で呑む筆頭とゆえば、

ビール

ですよね。
そうでもないですか。
ビール味のやつも含みますよ。
ねっ、そうでしょう。
最近は違うんでしょうかね。。。

昔、「とりあえずビール」とゆう商品があったと
記憶していますが、定かではないので、興味がある方は、誰かに訊いてみてください。
Rがこの世に出たころは、大人の人々は
居酒屋さんに行くと、着席もそこそこに
「とりあえずビール、あとね、ええと」
と唱えてから、メニューを開き眺め、食べたいものを探し始めたものです。
選択肢も少なかったのかも知れませんが、
なにしろ、ビールは昔から万能だったのです。

焼き鳥をはじめとする「焼いたもの」
唐揚げに代表される「揚げたもの」
枝豆やなんかの「茹でたもの」
冷奴とかの「そのまま出てくるもの」

何にでも合う。

とゆうか、その食べ物が何であれ、気にせず胃に流し込んでくれる。
「麦の香りが」とか「このホップはなになに産で」とか知らなくても大丈夫。
「ビール」は「ビール」。
幻獣か、すごく乾いた名前か、北の方の町の名前か、なんかそれくらいの差で
好みを気にする向きはありましたが、たいていそんなの関係なく。

しかもですよ。

「とりあえずビール」なので、たいてい一番先にビールが来る。
つまみなんかない状態で「おお、来た来た♪」って呑む。

うまい。

1人でも大活躍。
これを万能選手とゆわずしてどうする。
そんな存在だったのです。

今、「とりあえず」ってビールを発注する人は、
昔ほどおられないのかな。
Rがこの世に出たころのお話ですからね。
ジュラ紀は遠くなりにけり、とゆうところでしょうか。

« お酒について(イントロダクション) | トップページ | お酒について(ビール・2杯目) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。